浜野安宏 想いの実現


浜野安宏 想いの実現

浜野安宏 想いの実現

ファッション、ライフスタイル、商環境、イベント空間、建築、都市計画・・・そうした分野の企画やデザインに携わった経験をお持ちの方なら、浜野安宏さんを知らない人はいないはず。
東急ハンズなどの業態開発、フロムファースト、渋谷Q-Front、福岡県ならば博多ベイサイドプレイス、キャナルシティ・・・数々の商業空間プロデュース、数多くのファッションブランドのプロデュース・・・。
そんなビジネスの顔を持ちながら、ネイチャースクールを運営し、フライフィッシングを楽しみ、そして自らマルチ・ハビテーションのライフスタイルを実践されている浜野さんが、最新刊『浜野安宏 想いの実現』を持って、みやこ町を訪ねて下さります。

みやこ的ライフスタイルフォーラム

百貨店でファッション流通を仕事としていた私(吹上剛一)も、当然のことながらたくさんの影響を受けました。
私にとって、情報化分野の心の師が、これまで何度もみやこ町にお誘いし、ご講演いただいた月尾嘉男さんならば、ファッションやライフスタイル、デザインなどの心の師は浜野安宏さんです。

お二人とも1941年生まれの71歳。実は私の父も同い年です。
月尾さんからは「足元の宝物で地域を再生」というテーマを授かり、そこから、現在、私も深く関わり活動している『京築地域 ふるさとガイド養成研修』という取り組みにつながりました。

今回、浜野さんから私たちがどんなヒント、アイデアをもらい、それを活かして、少しずつこのふるさとを、今度は私たちが後身のためにいいカタチでつなぐことができるか。
浜野さんの「想い」を受け止め、今度は私たちが、それぞれの置かれた立場で、未来を創造して行きたいものです。

ちなみに、現在の浜野さんの会社「浜野総合研究所」のトップページの写真は、これは私にとっては偶然なのですが、浜野さんと月尾さんが、浜野さんの別荘のある米ワイオミング州にて、カヌーでランデブーしている風景です。

浜野総合研究所

さて、そんなことを考えながら、今回の浜野さんのレクチャーを企画しました。
今回のレクチャーのテーマである「マルチ・ハビテーション」(複数の居住場所を持つと言うこと)ですが、みやこ町のような過疎地域に、都市在住者を引き込み活性化させるひとつの方策です。
レクチャー後の交流会では、そんなテーマを基に、参加者でみやこ町の(いや、これは日本全国に共通する課題です)移住・定住促進による活性化について、意見交換できればと考えております。

浜野さんの最新刊『浜野安宏 想いの実現』は、6月23日のイベント当日に、会場にて販売を予定しております。
また、浜野総合研究所のホームページからもご購入可能となっております。

「浜野安宏 想いの実現」発売開始 | 浜野総合研究所

(文責/吹上剛一)

関連記事:

カテゴリー: ブログ | タグ:

コメントする

このサイトについて

SlowLABは、福岡県京築地域を拠点に、地域と環境、ライフスタイルを創造する活動に取り組んでいます。このサイトでは、その活動をご紹介するとともに、活動テーマに関わる情報発信・交流を目的に運営しています。
サイトをご覧になり、関心をお持ちくださった方々のご意見・ご感想、活動へのお問い合わせをお待ちしております。

SlowLAB事務局

〒824-0121
福岡県京都郡みやこ町豊津980-1
(有)アイ・ディー内
0930-33-6905(電話とFAX)
info@slowlab.jp